犬の目が白く濁っていたら病気かも?白内障の初期症状と治療法

ふと、愛犬の目を見て白っぽく濁っていることに気づいた場合、大変驚きますね!

実は、犬も人間と同じように加齢と共に、白内障と言う目の病気になる発症率が高くなる傾向にあります。

また、老犬に限らず若い犬でも、遺伝や外傷により白内障になる場合があります。

その他、糖尿病にかかっている場合も発症しやすい、犬の白内障について詳しくご紹介したいと思います。
 

犬の目のしくみと、白内障の主な原因とは?

犬の白内障とはどのような病気なのでしょうか?

白内障とは、目の中にある水晶体と呼ばれる組織が白く濁ってしまう病気のことを言います。

そこで、白内障を知るには目の仕組みを知ることから始めましょう。

犬の目

犬の目も人間の目のしくみと基本的には同じで、眼球はその周りを角膜や強膜に覆われています。

その角膜とは眼球の前面にある透明な膜で、強膜は眼球の裏側を覆っています。

角膜の次にあるのが、虹彩(こうさい)水晶体です。虹彩は角膜と水晶体の間にある薄い膜で、瞳孔の大きさを調節して網膜に入る光の量を調節しています。

水晶体は、カメラで言えば凸レンズの役割をしています。その水晶体を囲むように毛様体と呼ばれる筋肉が繋がっています。水晶体の次にガラス体、網膜があります。

目でものを見るときは、レンズの役割をしている水晶体を通過して網膜に画像を投影します。それが視神経を通して脳に伝わり画像を認識します。

水晶体には水晶体液が入っており、新陳代謝をすることにより水晶体液が入れ替わります。

この水晶体液の新陳代謝が、何らかの原因で上手く働かなくなってしまうことが白内障です。
 

何らかの原因とは?

遺伝

犬の白内障の多くは、常染色体劣性遺伝だと言われています。
特に遺伝で発症しやすい犬種は、トイプードル・ミニチュアシュナウザー・アメリカンコッカースパニエル・ゴールデンレトリバーなどです。

他の病気により引き起こされる

インスリンと言うホルモンの不足などが原因である「糖尿病」
血液中のカルシウム濃度が低下する病気である「低カルシウム血症」
眼球のぶどう膜に炎症が生じる「ぶどう膜炎」
以上の病気から併発することがあります。

有害物質

有害物質

ナフタリンやジニトロフェノールなどの毒物である有害物質が白内障を引き起こすことがあります。
毒性のものを食べて白内障を起こす場合があることを心得て、充分に注意をしましょう。

その他

腫瘍の治療に用いる放射線や、感電事故などで電気ショックを受けた場合。
激しく目をぶつけてしまった場合などにも発症することがあります。

ただし、外傷性の白内障の場合、傷つけた目のほうのみ白内障にかかるケースも有ります。

それらの原因により、水晶体の中にたんぱく質の結合体ができて、透明な水晶体が濁ってくると言う症状が出ます。

 

 

白内障になった場合に見られる症状とは?

白内障にかかると、視力低下が起こります。視力が低下すれば事故や怪我に繋がることも可能性も高くなるため、飼い主は白内障の正しい知識を持ち、早期発見、早期治療をすることが大切です。

そこで、まず白内障にかかった際の初期症状をご紹介しましょう。

目が白く濁ってくる

水晶体は瞳孔のすぐ奥にあり、水晶体が濁ると黒目部分が白く濁ってみえます。
まず、黒目のふち部分から濁りが起こるため、飼い主には分かりづらい場合が多く、この時点での発見はむずかしいと言われています。

症状が進行すると、濁りの部分が広がり、次第に黒目全体が濁ってしまいます。
進行して行くと、白く濁っている部分が広がり視力は低下して行きます。

視野が狭くなる

白内障の症状が進行すると視野が狭くなり、慣れない場所に行くと障害物にぶつかったり、壁に当たったりと、あきらかに視野が悪くなってきます。

しかしながら、自宅や普段通る散歩ルートでは、物の配置などを覚えていることが多くぶつかるなどの行動が発見できない場合が多いです。

初めて行く場所、久しぶりに行く場所などで気づく場合が多いです。
また、視界不良で恐がる場合、散歩に行きたがらないと言った行動が見られることも有ります。

元気がなくなる

元気がなくなる
白内障にかかると、視野が狭くなったり視力が低下したりと症状が進行するにつけて、
飼い主と目があわなくなり、アイコンタクトが取れなくなります。

飼い主の顔がはっきりと認識できない場合など、視力低下に伴い、食事や散歩も楽しくなくなり、表情が乏しくなります。

壁沿いや家具沿いに歩くなどの行動が目立ってきたら注意が必要です。

今まで元気だった愛犬の表情が乏しくなり元気がなくなって来たら、白内障のサインの場合もあります。白内障にかかっている場合も考えて見逃さないようにしましょう。

 

犬の白内障3つの種類について

この犬の白内障ですが、3つの種類に分けることができます。

先天性白内障

遺伝による白内障で、母犬のお腹にいる間から白内障が始まっているケースを言います。
生まれて生後2か月ごろより、白内障の症状が見られるようになります。

若年性白内障

生後6カ月頃より1歳くらいまでの間に白内障を発症します。
遺伝的なものが原因のひとつと考えられますが、生まれてからの環境や栄養状態によっても発症すると考えられていますが、はっきりとした原因は解明されていません。

加齢性白内障

加齢とともに白内障にかかるもので、水晶体液の新陳代謝が上手くできない場合に起こります。個体により発症年齢に違いがありますが、加齢とは言え5~6歳ころより発症ケースも有ります。

ただ、若年性白内障に比べれば進行は遅いと言われています。

 

手術?目薬?白内障治療は年齢で決める?

白内障だと診断された場合、治療により完全に視力が回復する可能性があるのか?
手術をすれば視力が回復するのか、もしくは回復できないのかなどを見極めてから、医師と相談をして治療方法を考えて行くべきです。

治療方法には、目薬などの点眼薬や内服液などを使用した内科的治療と、手術をする外科的治療があります。

しかし内科的治療の場合は、白内障の進行を遅らせるための治療と考えるべきで、完全に治すためには外科的治療を検討することが必要です。

初期の段階で白内障が見つかった場合は、混濁抑制作用のある点眼薬をしっかりと行っていきます。

期限があるわけではなく、点眼をし続けることが飼い主の負担となる場合、途中で点眼をせず放置すると言ったケースもあります。根気よく点眼を続けることが大切です。

また、薬のようなデーターはありませんが、ルテインなど白内障に良いと言われるサプリメントを補助的に与えることも、ひとつの方法です。

外科手術の場合

外科的手術を行う場合、飼い主の状況や犬の状況に応じて決定します。
犬が別の基礎疾患を持っていたり、年齢的に麻酔に耐えられないなどの手術に向かない犬もいます。状況に応じて手術をするかを選択しなければいけません。

外科的手術をする場合、まずは全身麻酔をします。
水晶体を高周波の振動で破壊して吸い取る水晶体乳化吸引術や、外科的に水晶体を摘出する方法があります。

その場合、摘出した水晶体の部分に人工レンズを入れます。
白内障は、片目で発症した場合も、いずれは両目で発症し見えなくなる場合が多いです。

手術では、1週間前後の入院と治療を要します。
手術からおおよそ1カ月間は、エリザベスカーラーを装着したままになるため、犬のストレスは強くなります。

1日数回の点眼と薬を飲ませることも必要で、それに耐えられるかも手術を選ぶ基準になります。手術をすれば必ず見えるようになると言うわけではありません。
手術の失敗や、術後の経過も大切です。最悪の場合、失明することもあることは心得ておきましょう。

 

白内障にかかった場合の治療費

白内障にかかり、手術前に事前の精密検査を受ける必要があり、その治療費だけでも、7万円ほどかかり、外科的手術をした場合は年齢にかかわらず、片目だけで25~30万、両目で50万みておく必要があります。

この費用には、入院費・手術費・麻酔費・入院中の検査費などが含まれています。

手術をするまえには検査が必要で、一般眼科検査と特殊眼科検査の2種類で、おおよそ2万円の費用がかかります。

手術後のケアも重要であり、安定するまでの約1カ月間の治療費も必要であると考えておく必要があります。犬が白内障に掛かると手術費用など、大変な多くのお金が掛かります。

 

目に負担を与えない生活で白内障予防をしよう!

白内障の予防をすることは大変難しいことです。原因も様々なため、目に負担を与えないように生活することを心掛けるくらいしか予防方法はありません。

紫外線対策が白内障予防に

しかしながら、紫外線を浴びると体の水分がと反応して活性酸素を作り出すのですが、
この活性酸素によって細胞が破壊され白内障になります。

活性酸素を発生させないことこそが、白内障の予防に繋がります。

活性酸素を発生させない方法とは、日差しが強い時間帯の散歩は避けることや、
抗酸化作用のあるサプリメントの摂取などでも効果が有ると言われていますので、
動物病院で相談してみてください。

また、散歩後、ホコリや砂などが目に入ったままにしないこと。
眼病予防薬などで点眼してあげると良いでしょう。

目やにが多く出る場合、きれいなガーゼなどを用いて拭き取ってあげましょう。

ビタミンを摂取

白内障の予防のためには、ビタミン類の摂取も欠かせません。
特にビタミンCの不足は、目の水晶体の衰えに拍車を掛けます。

白内障を始め、目の疾患などの発症率はビタミン不足で高くなります。
犬の体は自らビタミンCを作ることができますが、食事などにもビタミンCが多く含まれているものを与えるようにしましょう。

身近な食材としては、パセリやブロッコリーにトマトや小松菜などがあります。
食材での摂取が難しい場合は、サプリメントを活用することで、日々のビタミンCの
摂取に気を配るようにしましょう。

 

定期的な目の検査で白内障の早期発見

飼い犬にとって目は、飼い主とアイコンタクトを取ったり、大好きなおもちゃを追いかけたりと、とても大切な器官のひとつです。

犬の目は約直系2cmと大変小さく、目の病気に気づかぬまま進行してしまうことが多いです。他の体の病気と同じように目の病気も早期発見・早期治療が大変重要です。

その為、早期発見には定期的な眼科検査受けることが一番です。
初期の段階で白内障を発見できれば、白内障の進行を遅らせることができます。

動物病院で目の検査をする場合、拡大鏡を使用して水晶体の混濁の程度を評価します。
水晶体を詳しく検査するには、散瞳剤を用いた散瞳検査をします。

 

 

 

 

白内障における4つのステージとは

白内障は濁りの程度により4つに分類されます。
それぞれの濁りの程度

初発白内障

水晶体の10%程度が混濁している。
まだ初期段階です。

未熟白内障

水晶体の15%以上が混濁していますが、まだ目は見えています。

成熟白内障

水晶体の100%が混濁して、目が見えなくなります。
明るい・暗いは分かる場合も有ります。

過熱白内障

水晶体が溶けて小さくなってくる。
水晶体のたんぱく質が溶けて出て来ることで、目に炎症を起こします。

このステージを判断するには、眼底検査ができる獣医に診てもらうことをオススメします。
 

犬の白内障を放置すれば失明の危険あり!日常生活の注意点について

白内障は命に関わることのない病気のため軽視しがちですが、放置していると取り返しの付かない事態を招くことにもなり兼ねません。

白内障は重症になると最悪失明することもあることは有名ですが、それだけにはとどまらないことを知っておきましょう。

たとえば、緑内障や網膜剥離など様々疾患を引き起こすこともあります。
このような病気になると、大変な痛みを伴い愛犬に辛い思いをさせることになります。

この緑内障ですが、白内障を患い放置していると、白く濁った水晶体の変性たんぱく質が目の中に漏れ出しぶどう膜に炎症を起こすことがあります。

これがぶどう膜炎となり、緑内障を誘発する可能性が非常に高くなります。
白く濁るのが白内障であれば、緑内障は目が緑になるのかと思われがちですが、
緑内障になった場合は、目は充血し赤くなるようです。

緑内障になると眼圧が高い状態が続きます。非常に激しい痛みを伴い、そのまま放置していると失明する可能性が高くなります。

失明すれば痛みは治まるのかと考えますが、失明しても眼圧の高い状態は続き、傷みは継続されます。そのままでは痛みがひどくなり続けますので、眼圧を下げる手術もしくは、眼球を取る手術が必要となります。

目が痛んでいる場合、「前足で目をこする」「片目をつむっている」などの様子が見られたら、まずは動物病院を受診しましょう。

もし白内障になってしまったり、もしくは残念ながら失明した場合の日常生活の注意点をご紹介しましょう。

犬は人間と比べて、視力を重視している動物ではありません。
視力が多少落ちても日常生活に支障はきたしませんが、今までと比べて物にぶつかりやすくなったり、頻繁につまづくようであれば障害物となっているものは除きましょう。

家具などの角などでぶつかって怪我をしないように、クッションとなるものをつけてあげましょう。また出来る限りお部屋の模様替えは止めておきましょう。

視力が落ちる前に記憶している家具の配置などに変化があると、位置関係が分からずぶつかることが増えますし、知らない場所と認識してしまう場合も有り不安を感じさせることになります。

また犬と触れ合う場合ですが、いきなり触ることや大きな声を出すことは止めておきましょう。犬の場合、嗅覚が最後まで維持できますので、鼻先に手を当ててまず飼い主を匂いで確認させてから、話しかけながら触るようにしましょう。
 

白内障と間違えやすい核硬化症とは?

目が白く濁ってくると、全て白内障だと考えがちですが、実は核硬化症の症状も、目が白く濁ってくることがありますが、その違いは核硬化症の場合は、全部が白くならないことです。

目の水晶体の中心部分のみが青みがかかった灰色に変色するのが核硬化症の症状ですが、視力障害を起こすことはありません。

この核硬化症の原因は老化により、水晶体に老廃物が溜まることから起ります。
7歳頃の老犬に多く見られるものです。

簡単な判断方法としては、懐中電灯の光を犬の目にあてて反射があれば核硬化症で、無ければ白内障と考えられます。

特に治療することはありませんが、白内障を併発する場合がありますので、
経過観察のためにも定期的な診察は必要です。

加齢の元となる活性酸素を除去することで、症状の進行を防ぐ可能性もありますので、
抗酸化作用に強い緑黄色野菜などを多く与えるようにしましょう。

犬は生まれた時から動体視力は優れていますが、近視であると言われています。
水晶体の厚さは人の2倍も有り遠くにあるものにピントが合わせにくく、人間の視力の測り方で言えば視力は0.3位です。

その為、視力の低下による不便さは人間ほどではないと思われていますが、
やはり、白内障での視力低下が起これば生活に支障は出てきます。

できるだけ早くに発見し治療を行うことで、白内障の進行を緩やかにすることが可能です。
身近にいる飼い主が、早めに異変に気付いてあげることが最も大切なことではないでしょうか?